町田八丈太鼓教室 TOP > 八丈太鼓のリズム

八丈太鼓のリズム

八丈太鼓には『ゆうきち』『本ばたき』『しゃばたき』『祇園ばたき』という代表的な4つの下拍子(リズム)があります。
上拍子を叩く人は、この4パターンの下拍子に合わせて手(フレーズ)を考え、太鼓を打ちます。

ゆうきち (勇吉)
「ドンドコ ドンドコ」と3拍子で叩きます。
右利きの人 → ドン(右) ド(右) コ(左)
ゆうきちは八丈島の各地区によって呼び名が変わります。
三根地区  -- ゆうきち
樫立地区  -- ドンドラ
末吉地区  -- デンデコ
中之郷地区 -- トッピキ
ゆうきちは八丈太鼓の下拍子の中で最も代表的な拍子 (リズム) です。

本ばたき (本調子)
「ツトツツ ツトツツ」と4拍子で叩きます。
右利きの人 → ツ(右・小) ト(左・大) ツ(右・中) ツ(左・極小)
しかし4拍子ではなく「ツトツ ツトツ」と最後の左手のツを打たずに間を空けて3拍子で叩くのが一般的です。
本ばたきには『太鼓節』が歌われます。

しゃばたき (素ばたき)(さばたき)
「ドドドドドドドド・・・」と左右交互に2拍子の早いリズムで連打して打ちます。
実際の演奏では『本ばたき→しゃばたき』へと移行して叩かれます。

祇園ばたき (びっこばたき)
「ドッコ ドッコ」と頭にアクセントを付けて2拍子で叩きます。
右利きの人 → ドッ(右) コ(左)
ほとんど島でしか叩かれないため、あまり一般的に知られていません。

▲ページの先頭へ戻る